賢くオーダーメイドガレージを建てるために大切な〇〇!

賢くオーダーメイドガレージを建てるためのポイントは?

ガレージがほしい!

そう思いついたらまずやってほしいことがあります。

それは
ガレージライフの情報の棚卸しです。

実はこれが賢くオーダーメイドガレージを建てるためのポイントなんです!

自分の情報の棚卸しとはなんなのか。

わかりやすく説明してきますね。

ガレージライフの情報の棚卸しとは?

まず棚卸しとは

「在庫の数量を調査し、資産評価をすること」

のことですね。

今回はガレージを建てる前に自分のイメージするガレージライフを数値化することを目的としてます。

どんな項目を数値化すればいいのか?下記にまとめます。

  1. 現在乗っている車(バイク)の数と種類は?
  2. 将来乗りたいと思っている車の種類は?
  3. ガレージの中に何台入れたいか?
  4. ガレージの中になにを収納したいか?(タイヤ・ツール・趣味の道具・庭いじり用具など)
  5. ガレージライフで優先事項はなにか?(作業スペース・収納・大きさ・デザイン・リフト)

おれのガレージオーナーさんを例にあげると・・・
  1. アメ車①・普通自動車①
  2. 継続してアメ車
  3. 基本的に1台(アメ車)
  4. タイヤ・ツールセット・BBQセット・庭いじり用具・車関連グッズ
  5. リフトを設置していつでも作業できるようにしたい・ツールをたくさん置きたい・作業スペースを確保したい・仲間とワイワイ過ごしたい・アメ車の似合うガレージ空間にしたい

image

どうでしょう?イメージつきましたか???

棚卸しした情報をもとにガレージのたたき台ができあがります

ガレージライフの情報の棚卸しで出てきた情報をもとに
おれのガレージのたたき台をつくります。

敷地の形状・大きさ・動線に合わせて
使い勝手・規格・仕様・大きさ・カタチ・デザインが決まります。

これが既製品ガレージの場合だと、
敷地に合わせてパズルをポンッとはめこむようにすぐ決めちゃうところ。

将来的にどんな車に乗りたいか?

どんな趣味を楽しみたいか?

家族構成は?

奥さんはガレージについてどう思っているか?


あなただけのガレージライフをカタチにするために
徹底的にヒアリングをします。

これは新築住宅やリフォーム工事のときと同じ!

オーダーメイドだからこそそのこだわりを叶えたい!

そうして出来上がるのがガレージのたたき台です。

これが結構大変なんですよ~~~~。

なんと言っても同じ条件なんてありませんから。

一棟一棟、建てる人も異なれば敷地も変わる。

乗っている車も違うし、どんなことをやりたいのかなんて本当に千差万別!

そのためヒアリングにはしっかり時間をかけてます。

たたき台をもとに修正を重ねます

最初に提案するのは本当に「たたき台」

ここからさらに詳細の設計が加わります。


窓の位置・種類・高さ

外壁の種類・色

床の塗装方法や鉄骨の色



こうして作り手と使い手がガレージライフのイメージを共有しながら設計を進めます。

この時点で資金計画の話もします。

総予算とライフプランについては初回から頭に入れておかないと
現実離れした計画となってしまい計画が頓挫してしまうこともありました。

ガレージは住宅ローン(新築)・リフォームローンも使えます。

なにも現金だけで考える必要はありません。

車だって購入するときにカーローンを使いますよね?

月々にいくらまでなら払えるかどうか。

住宅ローンアドバイザーの資格をもった担当者が相談に応えます。

おれのガレージの寿命は?

車は7年で乗り換え時期がくるといいます。

アルミのカーポートの寿命は10~15年あたり。

重量鉄骨を用いて建てる
おれのガレージの寿命は30年以上!

地震にも強く、家よりも長持ちしてしまいますねw

外部物置を設置することもなく、防犯性能も抜群。

ランクルやハイエース・バイクなど盗難の恐れがありますからね。

実際、私の友人で青空駐車をしていたランクルが盗まれてしまったという話もありました。

おれのガレージのメリット・デメリットを考えるとますますガレージがほしくなってしまいますねw