ガレージライフを実現させるためのお問い合わせのポイント

どうも育みの家の長です。

本日は

「おれのガレージを必ず実現させるためのお問い合わせのポイント」

をまとめます。


というのも最初のお問い合わせの内容によって実現するものとしないものにわけられる傾向があるから。


当社だけでなく他社にお問い合わせする際にも使えるのでぜひご一読の上、活用してください!!!




①名前、住所、連絡先、建築予定地を必ず記入しよう


 基本的なことですが、出会いは一期一会。

たまに名前も名字だけで「金額だけ知りたい」という問い合わせがありますが、こちらもボランティアではありません。


「本気で建てたい!」

という想いを感じられて初めて本気で返答させていただきます。



また場所によっては建てられないケースもあるので建築予定地は必須です。


②ガレージでなにを実現したいのかを記入しよう


用途や目的によって提案する内容が変わります。


農業用なのか

日常生活用なのか

バイクやお気に入りの一台を収納するためなのか

趣味スペースがほしいのか



自分たちの考えをまとめてみましょう。

どんな使い方をイメージしているかをぜひお伝えくださいませ。





③ガレージに収納したいものを記入する

車の種類

バイク

自転車


その台数だけでなく、農機具や趣味グッズなど収納したいものをまとめましょう。

それによってガレージの大きさや高さが変わります。


④ある程度の予算を伝える

いったいいくらまで予算をかけることができるのか

現金なのかローンを組むのか

太陽光による融資を組むのか、


少し余裕をもたせた資金計画を考えましょう。


⑤いつまでに建てたいのかを伝える

新築と同時なのか

一年後までなのか

できるだけ早くなのか


それによっては不可能な場合もありますし、事前に準備が必要な場合もあります。

鉄骨工場の予約まちもありうるので早めの予約・動き出しは大切です。


問い合わせの例

上記の内容を完璧にとは言いませんが、

見積もり&提案する上で情報はたくさんあったほうがより要望に応える実現性が高まります!



たとえば

6*6のガレージを希望しています。

概算でいいのでどのくらいで建てられるか教えてください。

というメールと

初めてメールします。

宇都宮市住んでいる○○と申します。

現在一戸建てに暮らしていますが、そろそろ大好きな車いじりも兼ねてガレージを建てようと考えています。

車は軽とファミリーカーが一台ずつ。自転車とバイクが二台ずつあります。

その他にタイヤ二セット、バイク整備キット、バーベキューセットなとがあります。

平日は軽の出し入れくらい。
休日は仲間たちを集めてバイクをいじったり、バーベキューをやったりしてガレージライフを楽しみたいと思っています。

半年後くらいには実現できたら嬉しいです。

予算は約400万ほど。できれば電動シャッターをつけたいのですがいかがでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。


というメールではどうでしょうか?

下のメールならばイメージがつきやすくすぐに見積もり&提案にとりかかれそうですよね?

まとめ

育みの家は小さな会社です。

次から次へと量をこなす体制ではありません。

そのため、

自分たちの理念を共有してくれる方、

お互いに尊重しあいともにガレージライフを楽しみたいという方


とお仕事させていただいております。

ぜひこのお問い合わせのポイントを活用して、素敵なガレージライフを実現してくださいね!